俳句のルール

井上泰至 編

高校の教科書に載っている作品を中心に選んだ、俳句の魅力を味わうのに十分な10のルール。初めて俳句を読む人々を思い浮かべて書かれた、わかりやすくて本格的な俳句案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 季語-俳句にはなぜ季語が必要なのでしょう?
  • 第2章 定型・字余り-なぜ俳句は五七五なのでしょう?
  • 第3章 省略・連想-短い俳句は何を省略すれば効果的なのでしょう?
  • 第4章 切字・切れ-俳句にはなぜ「切れ」があるのでしょう?
  • 第5章 句会-俳句はどうして集団で作り、批評しあうのでしょう?
  • 第6章 文語と口語-俳句も現代の詩なのに、どうして文語で詠むのでしょう?
  • 第7章 滑稽・ユーモア-俳句はどうしてユーモアの詩と言われるのでしょう?
  • 第8章 写生と月並-俳句はなぜ実際にモノを見ることを重視するのでしょう?
  • 第9章 無季・自由律-季語も定型もない俳句とはどういうものなのでしょう?
  • 第10章 国際俳句-世界中でハイクが詠まれているのはなぜでしょう?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 俳句のルール
著作者等 中岡 毅雄
井上 弘美
井上 泰至
岸本 尚毅
木村 聡雄
森澤 多美子
浦川 聡子
深沢 眞二
片山 由美子
石塚 修
青木 亮人
書名ヨミ ハイク ノ ルール
書名別名 Haiku no ruru
出版元 笠間書院
刊行年月 2017.3
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-70840-3
NCID BB23358933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22868325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想