宮沢賢治の切り拓いた世界は何か

佐藤泰正 編

東北の農民のために己れの生涯を尽くそうとした賢治の作品が、再び新たな力をもって我々に深く迫る。"文学の力"とは何か、ここに改めて問う-

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 賢治の「おもしろさ」と「むづがすさ」
  • 生命と精神-賢治におけるリズムの問題
  • 分子の脱自-宮沢賢治のトーテミズム、その墜落と飛行
  • 「グスコーブドリの伝記」と三・一一東日本大震災-あるいは宮沢賢治と法華経
  • 宮沢賢治の根底なる宗教性-大乗起信論・如来寿量品・宇宙意志
  • 同時代に生きた宮澤賢治と金子みすゞの世界
  • 宮沢賢治と『アラビアンナイト』-『春と修羅』収録詩篇を中心に
  • 宮沢賢治の生涯をつらぬく闘いは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮沢賢治の切り拓いた世界は何か
著作者等 佐藤 泰正
書名ヨミ ミヤザワ ケンジ ノ キリヒライタ セカイ ワ ナニカ
書名別名 Miyazawa kenji no kirihiraita sekai wa nanika
シリーズ名 梅光学院大学公開講座論集 63
笠間ライブラリー 63
出版元 笠間書院
刊行年月 2015.5
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-305-60264-0
NCID BB18631578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想