指揮台の神々

ルーペルト・シェトレ 著 ; 喜多尾道冬 訳

ニキシュ、マーラー、ワルター、クナッパーツブッシュ、フルトヴェングラー、カラヤン、バーンスタイン…。なぜ、楽員は、彼らのもとで、至高の音楽を紡ぎだすことができたのか。ウィーン・フィル及び国立歌劇場のチェロ奏者として数々の大指揮者たちと共演を重ねた著者が、巨匠の謦咳、芸術の核心にじかに触れえた経験をもとに、13人の巨匠の生きざまを通して、指揮者の役割、指揮の神髄とは何かを描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ハンス・フォン・ビューロー-雄弁家
  • ハンス・リヒター-教育家
  • アルトゥール・ニキシュ-カリスマ
  • グスタフ・マーラー-殉教者
  • アルトゥーロ・トスカニーニ-独裁者
  • ブルーノ・ワルター-天使の声の持ち主
  • オットー・クレンペラー-大器晩成
  • ヴィルヘルム・フルトヴェングラー-ぐず
  • ハンス・クナッパーツブッシュ-アナクロニスト
  • カール・ベーム-人間嫌い
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン-帝王
  • レナード・バーンスタイン-感激家
  • サー・サイモン・ラトル-期待の星
  • 新世紀の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 指揮台の神々
著作者等 Schöttle, Rupert
喜多尾 道冬
Sch¨ottle Rupert
シェトレ ルーペルト
書名ヨミ シキダイ ノ カミガミ : セイキ ノ ダイシキシャ レツデン
書名別名 Götter im Frack

世紀の大指揮者列伝

Shikidai no kamigami
出版元 音楽之友社
刊行年月 2003.1
ページ数 469p
大きさ 20cm
ISBN 4276217849
NCID BA60290944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20373319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想