マーラーの交響曲 : こだわり派のための名曲徹底分析

金子建志 著

複雑で巨大なマーラーの交響曲は、自身が名指揮者だったこともあり、そのスコアの隅々に至るまで具体的かつ緻密な指示が書き込まれている。それはレパートリーにしていた作品でも同じで、しばしば大胆な編曲がなされた。しかし彼の早すぎる死は、いまだ解決できない多くの「謎」を残している。「ブルックナーの交響曲」の姉妹篇にあたる本書において、著者は膨大な資料をもとにこれらの謎に挑んでいる。<1番><2番>では初期稿を中心に分析、ベートーヴェン<第9>の編曲版では複数の手稿譜を詳細に比較、<6番>では終楽章のハンマーが持つ意味を当時の証言から検討、<10番>では各種の版と自筆譜の書き込みについて新研究を披露する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初期の交響曲
  • 第2章 指揮者・編曲者マーラー
  • 第3章 後期の交響曲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マーラーの交響曲 : こだわり派のための名曲徹底分析
著作者等 金子 建志
書名ヨミ マーラー ノ コウキョウキョク
書名別名 Mara no kokyokyoku
出版元 音楽之友社
刊行年月 1994.10
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4276130727
NCID BN11504533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95005709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想