振動の考え方・とらえ方

井上喜雄 ほか共著

振動の見方・考え方から解決法までを具体例を用いて平易に解説しました。機械工学系の学部学生から設計・開発に携わる技術者の必携書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 振動という現象と振動問題
  • 2章 共振を捉える
  • 3章 非定常振動をどう捉えるか
  • 4章 ランダム振動をどう捉えるか
  • 5章 自励振動とはどういうことか
  • 6章 回転機械の振動とトラブルシューティング
  • 7章 パッシブ制振・アクティブ制振をどう捉えるか
  • 8章 現象を可視化して理解する
  • 9章 現象の把握および予測におけるモデリング
  • 10章 振動を考慮した設計の考え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 振動の考え方・とらえ方
著作者等 井上 喜雄
佐藤 勇一
佐藤 太一
古池 治孝
森井 茂樹
田中 基八郎
矢鍋 重夫
鈴木 英男
木村 康治
書名ヨミ シンドウ ノ カンガエカタ トラエカタ
出版元 オーム社
刊行年月 1998.7
ページ数 201p
大きさ 21cm
ISBN 4274131483
NCID BA36700948
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99021576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想