UNIXという考え方 : その設計思想と哲学

Mike Gancarz 著 ; 芳尾桂 監訳

UNIXは『OS』ではない。それは『考え方』である。誕生から30年を経て今もなお第一線で使われる古くて新しいOS、UNIXの秘密を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 UNIXの考え方:たくさんの登場人物たち
  • 第2章 人類にとっての小さな一歩
  • 第3章 楽しみと実益をかねた早めの試作
  • 第4章 移植性の優先順位
  • 第5章 これこそ梃子の効果!
  • 第6章 対話的プログラムの危険性
  • 第7章 さらなる10のUNIXの考え方
  • 第8章 一つのことをうまくやろう
  • 第9章 UNIXとその他のオペレーティングシステムの考え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 UNIXという考え方 : その設計思想と哲学
著作者等 Gancarz, Mike
芳尾 桂
書名ヨミ UNIX ト ユウ カンガエカタ : ソノ セッケイ シソウ ト テツガク
書名別名 The UNIX philosophy

UNIX to yu kangaekata
出版元 オーム社
刊行年月 2001.2
ページ数 148p
大きさ 21cm
ISBN 4274064069
NCID BA51204260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想