失われた発見 : バビロンからマヤ文明にいたる近代科学の源泉

ディック・テレシ 著 ; 林大 訳

ピュタゴラス、コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン…西洋のものとされてきた科学の大発見は、遥か以前の非西洋世界で生まれていた。各分野における「認められていない」大発見を、古代、中世のバビロニア、エジプト、インド、中国、イスラム、マヤ、オセアニアその他の地域の豊富な実例とともに紹介。これまでの科学史の常識に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 科学史-再発見
  • 2 数学-科学の言語
  • 3 天文学-空を眺める人々、そしてさらに
  • 4 宇宙論-昔からの宗教
  • 5 物理学-粒子、真空、場
  • 6 地質学-地球そのものの物語
  • 7 化学-錬金術とその先
  • 8 技術-人間の尺度としての機械

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失われた発見 : バビロンからマヤ文明にいたる近代科学の源泉
著作者等 Teresi, Dick
林 大
テレシ ディック
書名ヨミ ウシナワレタ ハッケン : バビロン カラ マヤ ブンメイ ニ イタル キンダイ カガク ノ ゲンセン
書名別名 Lost discoveries
出版元 大月書店
刊行年月 2005.6
ページ数 355, 54p
大きさ 22cm
ISBN 4272440330
NCID BA72384761
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20797745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想