性的支配と歴史 : 植民地主義から民族浄化まで

宮地尚子 編著

世界の歴史における性暴力の常態化。沈黙させられてきた人びと。「性的支配」とは何か。領域を越え、議論する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 性暴力と性的支配
  • 1 性的支配の歴史と構造(ヨーロッパ文明批判と性的支配-「正しさ」の意識をめぐって
  • 国家と戦時性暴力と男性性-「慰安婦制度」を手がかりに
  • 軍隊の影-スポーツ/レクリエーションと性的支配)
  • 2 歴史と記憶と正負の遺産(性的支配と現地女性-ラ・マリンチェと文学的想像力
  • 被征服男性の"受忍"-現代メキシコのカレンダーアートに見る性的支配の表象
  • 奴隷制、魔女裁判とカリブの女性-マリーズ・コンデ『わたしは魔女ティチューバ』を補助線として)
  • 3 現代の紛争と和解への糸口(国内紛争と民族浄化・性暴力
  • 国際刑事裁判所における国際犯罪としての性暴力-性的支配とはどのような人権問題か
  • 語られぬ真実-性暴力をめぐる正義・和解・記憶)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性的支配と歴史 : 植民地主義から民族浄化まで
著作者等 宮地 尚子
書名ヨミ セイテキ シハイ ト レキシ : ショクミンチ シュギ カラ ミンゾク ジョウカ マデ
出版元 大月書店
刊行年月 2008.2
ページ数 330, 8p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-35027-8
NCID BA84843458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21381116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想