ギャスケルの文学 : ヴィクトリア朝社会を多面的に照射する

松岡光治 編

ディケンズが「シェヘラザード」と称えたギャスケルの小説を通して、ヴィクトリア朝社会の多種多様な問題を新たに照射する批評アンソロジー。それぞれの論考への理解を深めるために主要な人物と作品の梗概を付し、ギャスケル研究に必要な基礎知識に加えて、インターネット時代に即した最新の情報を提供する格好の手引書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギャスケル夫人の生涯
  • ギャスケル研究100年の歩み
  • 『メアリ・バートン』
  • 『クランフォード』
  • 『ルース』
  • 『北と南』
  • 『シャーロット・ブロンテの生涯』
  • 『シルヴィアの恋人たち』
  • 『従妹フィリス』
  • 『妻たちと娘たち』
  • 短篇小説(Angus Easson)
  • ギャスケル関連情報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギャスケルの文学 : ヴィクトリア朝社会を多面的に照射する
著作者等 Chapple, J. A. V.
Easson, Angus
Wright, Edgar
大野 龍浩
松岡 光治
鈴江 璋子
木村 晶子
林 芳子
波多野 葉子
矢次 綾
金丸 千雪
市川 千恵子
書名ヨミ ギャスケル ノ ブンガク : ヴィクトリアチョウ シャカイ オ タメンテキ ニ ショウシャスル
書名別名 Gyasukeru no bungaku
出版元 英宝社
刊行年月 2001.10
版表示 第2刷
ページ数 308p
大きさ 22cm
ISBN 426972014X
NCID BA54166383
BB0363535X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20216001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想