検査機器総論

三村邦裕 ほか著

[目次]

  • 第1章 検査機器学総説(用手法と検査機器
  • 検査機器の背景にある物理的事項
  • 検査機器を取り扱ううえでの注意と心構え
  • 検査機器の将来と検査技術者の行動に求められるもの)
  • 第2章 共通機械器具の原理・構造(化学容量器
  • 秤量装置
  • 遠心分離装置
  • 分離分析送致
  • 撹拌装置
  • 恒温装置
  • 保冷装置
  • 減菌装置
  • 測光装置
  • 顕微鏡装置
  • 電気化学装置
  • 純水製造装置)
  • 第3章 各専門機器(系統別機器)(血液
  • 化学
  • 病理
  • 微生物
  • 免疫血清
  • 生理
  • 公衆衛生)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検査機器総論
著作者等 三村 邦裕
酒井 伸枝
酒井 健雄
鈴木 優治
北村 清吉
書名ヨミ ケンサ キキ ソウロン
シリーズ名 臨床検査学講座
出版元 医歯薬
刊行年月 2010.1
版表示 第2版.
ページ数 292p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-22908-8
NCID BB00514246
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21708224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想