忙しい現場のためのMDS-HC入門

インターライ日本委員会 監修 ; 新津ふみ子, 池上直己 編 ; 新津ふみ子 ほか著

ケアプラン方式の1つ、MDS方式を実際に使おうとすると、アセスメント項目が難しそう、アセスメントからケアプランにどう結び付けたらよいかがよく分からない、マニュアルを読んでもすぐには役立たない、などといった障壁がある。そこで、本書では、こうした皆様のために、現場での実践経験が豊富な専門家により、なぜMDS‐HCがこのような構造になっているか、どうやって最初の難関であるアセスメントから目標となるケアプランに至ることができるかを具体的な実例を用いて説明し、通読すればMDS‐HCでケアプランが作成できるようにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 失敗事例に学ぶ-転ばぬ先のMDS(MDSは難しい?
  • なぜMDS方式を選んだか
  • 失敗事例を乗り越えて)
  • 第2章 つまずきやすいアセスメント項目-現場実務者からコツを盗もう(せん妄
  • 介護者について
  • 介護者の状況 ほか)
  • 第3章 事例で学ぶケアプラン作成のプロセス-Step by Step(ケアプラン作成のプロセス
  • 事例紹介:ひとり暮らしの継続を望むEFさん
  • 「相談受付表」「MDS‐HC」への記入 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忙しい現場のためのMDS-HC入門
著作者等 インターライ日本委員会
新津 ふみ子
池上 直己
北山 達朗
小湊 純一
山下 いづみ
高野 龍昭
書名ヨミ イソガシイ ゲンバ ノ タメノ MDS-HC ニュウモン
出版元 医学書院
刊行年月 2001.10
ページ数 132p
大きさ 30cm
ISBN 4260331620
NCID BA54529385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20215635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想