ウェーブレット変換の基礎と応用 : Mathematicaで学ぶ

斎藤兆古 著

本書は数値とその意味から出発し、計算機はどのように数値を取り扱うのか、行列式、線形変換の基本を解説し、さらに線形変換の応用として離散値系ウェーブレット変換を学ぶ基礎部分と、ベクトルや線形システムへの応用部分までを収めてある。一方で、Mathematicaを学ぶ入門書も兼ねており、Mathematicaの使い方を具体的な例題を用いて順次説明してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数値計算の基礎
  • 第2章 ウェーブレット変換の基礎
  • 第3章 1次元データの圧縮と多重解像度解析
  • 第4章 2次元ウェーブレット変換
  • 第5章 イメージデータの圧縮
  • 第6章 イメージデータの多重解像度解析
  • 第7章 ベクトルウェーブレット変換
  • 第8章 ベクトルフィールドの可視化
  • 第9章 文学作品構成のウェーブレット解析
  • 第10章 線形システムの近似解析入門
  • 第11章 ウェーブレット変換による線形システムの最適化
  • 第12章 最小ノルム法とノイズ処理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェーブレット変換の基礎と応用 : Mathematicaで学ぶ
著作者等 斎藤 兆古
書名ヨミ ウェーブレット ヘンカン ノ キソ ト オウヨウ : Mathematica デ マナブ
書名別名 Ueburetto henkan no kiso to oyo
出版元 朝倉書店
刊行年月 1998.4
ページ数 214p
大きさ 21cm
付随資料 フロッピーディスク1枚 (3.5″2HD 袋入)
ISBN 425422141X
NCID BA35342638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99002913
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想