神去なあなあ夜話

三浦しをん 著

三重県の山奥、神去村に放りこまれて一年が経った。最初はいやでたまらなかった田舎暮らしにも慣れ、いつのまにか林業にも夢中になっちゃった平野勇気、二十歳。村の起源にまつわる言い伝えや、村人たちの生活、かつて起こった事件、そしてそして、気になる直紀さんとの恋の行方などを、勇気がぐいぐい書き綴る。人気作『神去なあなあ日常』の後日譚。みんなたち、待たせたな!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神去なあなあ夜話
著作者等 三浦 しをん
書名ヨミ カムサリ ナアナア ヤワ
シリーズ名 徳間文庫 み24-2
出版元 徳間書店
刊行年月 2016.6
ページ数 347p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-19-894117-8
NCID BB21899706
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22736128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想