失踪都市

笹本稜平 著

江東区亀戸の空き家で完全に白骨化した死体が二体発見された。住んでいたのは八十代の老夫婦。検視官は二人とも他殺と断定したが、監察医務院は自然死と結論し、一課の管理官も事件性を認めなかった。城東署の葛木邦彦は、息子の警視庁特命捜査対策室管理官・俊史の協力を得て捜査に乗り出すが、本庁サイドの動きは鈍く、本来なら立ち上げるべき捜査本部を一向に設立しようとしない。やがて浮かび上がった敵に、葛木父子と捜査陣は震撼する。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 失踪都市
著作者等 笹本 稜平
書名ヨミ シッソウ トシ : ショカツダマシイ
書名別名 所轄魂
出版元 徳間書店
刊行年月 2014.7
ページ数 423p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-19-863823-8
NCID BB20436451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22431710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想