ソロスの警告 : ユーロが世界経済を破壊する

ジョージ・ソロス 著 ; 藤井清美 訳

ソロスが読み解くユーロ危機と最終震源地アメリカ経済の行方。大崩壊を回避するための唯一のプランを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 金融危機第二ラウンド-ユーロ圏の崩壊とその超バブルの根源
  • 第1部 二〇〇八年:大暴落のあと(過去六〇年で最悪の市場危機
  • 危険な石油価格の高騰
  • ポールソンに好き勝手をさせてはならない
  • 銀行システムに資本を注入せよ
  • 銀行の資本を増強し、金融市場を救う方法
  • アメリカは新興経済国救済の先頭に立たねばならない)
  • 第2部 二〇〇九年:正しい金融改革と間違った金融改革(銀行を救済する正しい方法と間違った方法
  • 周縁諸国に対する支援をG20サミットの中心議題に
  • 売り崩しを防ぐ一つの方法
  • 金融改革の三原則
  • 金融改革の必要性を無視してはならない)
  • 第3部 二〇一〇年:危機はグローバルに(ユーロはギリシャより大きな試練に直面する
  • 破綻した住宅ローン制度を改革する
  • アメリカはデリバティブの危険性を直視せねばならない
  • 危機とユーロ
  • アメリカに必要なのは倹約ではなく刺激策だ
  • 中国はグローバル通貨危機を解決しなければならない
  • ヨーロッパは国家の前に銀行を救済するべきだ)
  • 第4部 二〇一一年:ユーロ圏(「二つの速度のヨーロッパ」にしないためにドイツは何をするべきか
  • 真のヨーロッパ人は、今すぐプランBを採用するべきだ
  • ドイツはユーロを守らなければならない
  • ユーロ危機を解決するために必要な三つの措置
  • ユーロに未来はあるか
  • 第二の大恐慌を防ぐには
  • ユーロ圏という地雷原を通り抜けるためのルートマップ
  • ユーロ圏を救うための七項目プラン
  • 欧州中央銀行(ECB)はユーロ圏を救うために介入せねばならない)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソロスの警告 : ユーロが世界経済を破壊する
著作者等 Soros, George
藤井 清美
ソロス ジョージ
書名ヨミ ソロス ノ ケイコク : ユーロ ガ セカイ ケイザイ オ ハカイスル
書名別名 Financial turmoil in Europe and the United States

Sorosu no keikoku
出版元 徳間書店
刊行年月 2012.3
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-19-863370-7
NCID BB08995363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22072587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想