種山ヶ原の夜

宮沢賢治 原作 ; 男鹿和雄 翻案 (絵と文) ; スタジオジブリ 編

草原をわたる風を感じたのは満天の星空に思いを馳せたのは夢を見たのはいつだったか人は現実だけでは生きられないのに。伊藤君は冬の間木炭焼きを生業としている。仕事は山から木を伐り出して木炭にすること夢の中に現れた樹霊たちのささやきは、木を伐らないことを訴えて、山によって生かされている主人公の心を揺らす。伐った木は大事に使ってくれよそれが種山ヶ原の木の願い。生きているのは人間だけではない。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 種山ヶ原の夜
著作者等 スタジオジブリ
宮沢 賢治
男鹿 和雄
書名ヨミ タネヤマガハラ ノ ヨル
書名別名 Taneyamagahara no yoru
出版元 スタジオジブリ : 徳間書店
刊行年月 2006.6
ページ数 1冊 (ページ付なし)
大きさ 22×31cm
付随資料 解説書1枚
ISBN 4198621756
NCID BA77696091
BA80995964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21056343
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想