人間が幸福になる経済とは何か : 世界が90年代の失敗から学んだこと

ジョセフ・E.スティグリッツ 著 ; 鈴木主税 訳

膨大な財政赤字を引き継いだクリントン政権。スティグリッツは経済諮問委員長として経済立て直しという難題に取り組む。彼らは規制緩和と金融の自由化を推進することで空前の好況を演出する。しかし、それは後の歴史がしめすように、崩壊の種子を内包した危険極まりないバブルであった-。一体どこに間違いがあったのか?経済政策はなぜこうもしばしば誤るのか?弱者を思いながらも、さまざまな利害の衝突に翻弄された90年代を検証し、未来への教訓と祈りをこめた話題の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「狂騒の90年代」とは何だったのか
  • 好況から不況へ-崩壊の種子は蒔かれた
  • 奇跡か、ただの幸運か-赤字削減の苦闘
  • 「全能」のFRBはなぜバブルを防げなかったのか
  • 規制緩和の暴走
  • 貪欲の経済-粉飾会計とストックオプション
  • 銀行の変質とバブル
  • 減税が熱狂をあおった
  • もはやわれわれは安心な生活を送れない
  • 世界を不幸にしたグローバリズムの始まり〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間が幸福になる経済とは何か : 世界が90年代の失敗から学んだこと
著作者等 Stiglitz, Joseph E.
鈴木 主税
スティグリッツ ジョセフ・E.
書名ヨミ ニンゲン ガ コウフク ニ ナル ケイザイ トワ ナニカ : セカイ ガ 90ネンダイ ノ シッパイ カラ マナンダ コト
書名別名 The roaring nineties

Ningen ga kofuku ni naru keizai towa nanika
出版元 徳間書店
刊行年月 2003.11
ページ数 411, 18p
大きさ 20cm
ISBN 4198617619
NCID BA64466612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20529613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想