江畑謙介の戦争戦略論  1 (中国が空母をもつ日)

江畑謙介 著

冷戦崩壊によるアジアの軍事的空白を埋めるのは誰か?海軍を始め軍備を増強・近代化しつつある中国、そして孤立化し緊迫の度を強めている北朝鮮の軍事戦略を第一人者がシミュレートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不安を呼ぶ朝鮮半島情勢
  • 第2章 中国の台頭
  • 第3章 極東ロシアの今後
  • 第4章 極東米軍の役割
  • 第5章 極東アジアにおける日本の安全保障

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江畑謙介の戦争戦略論
著作者等 江畑 謙介
書名ヨミ エバタ ケンスケ ノ センソウ センリャク ロン
書名別名 中国が空母をもつ日

Ebata kensuke no senso senryaku ron
巻冊次 1 (中国が空母をもつ日)
出版元 徳間書店
刊行年月 1994.1
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 4198600570
NCID BN10276386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94029143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想