人間とは何か

福田恆存 著 ; 浜崎洋介 編

気鋭の批評家によるアンソロジーの第三弾。福田は、近代文学の挫折の果てに、ついに自我の呪縛からみずからを解き放つ「人間観」を見出した。作家・福田恆存の誕生の軌跡がわかる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学とは何か(文藝批評の態度
  • 表現の倫理 ほか)
  • 2 近代の孤独(漱石の孤独感-「行人」の倫理
  • 嘉村礒多 ほか)
  • 3 孤独を開くもの(チェーホフ
  • エリオット1(抄録) ほか)
  • 4 言葉の藝術(シェイクスピアの魅力
  • 飜訳論 ほか)
  • 5 人物スケッチ・その他(坂口さんのこと
  • 神西さんについて-凍れる花々 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間とは何か
著作者等 浜崎 洋介
福田 恒存
書名ヨミ ニンゲン トワ ナニカ
書名別名 Ningen towa nanika
シリーズ名 思想 15
文春学藝ライブラリー 15
出版元 文藝春秋
刊行年月 2016.2
ページ数 389p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813059-5
NCID BB22331443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22708910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想