世界を変えた10冊の本

池上彰 著

『聖書』の基礎を知ることでみえる歴史の流れとは?革命の原動力となった『資本論』の理論とは?『コーラン』『種の起源』『アンネの日記』からケインズ、フリードマンの経済書まで、世界史に大きな影響を与えた10冊を池上彰が厳選、その内容と歴史的意義を解き明かす。現在の国際問題や思想の源泉がわかる、現代人、必読の教養書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アンネの日記
  • 第2章 聖書
  • 第3章 コーラン
  • 第4章 プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神
  • 第5章 資本論
  • 第6章 イスラーム原理主義の「道しるべ」
  • 第7章 沈黙の春
  • 第8章 種の起源
  • 第9章 雇用、利子および貨幣の一般理論
  • 第10章 資本主義と自由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を変えた10冊の本
著作者等 池上 彰
書名ヨミ セカイ オ カエタ ジッサツ ノ ホン
シリーズ名 文春文庫 い81-2
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.2
ページ数 279p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790036-6
NCID BB14969415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22363239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想