時が滲む朝

楊逸 著

中国の小さな村に生まれた梁浩遠と謝志強。大志を抱いて大学に進学した2人を天安門事件が待ち受ける-。"我愛中国"を合言葉に中国の民主化を志す学生たちの苦悩と挫折の日々。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった、芥川賞受賞作の白眉。日本語を母語としない作家として初めて芥川賞を受賞した著者の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時が滲む朝
著作者等 楊 逸
書名ヨミ トキ ガ ニジム アサ
シリーズ名 文春文庫 や48-2
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.2
ページ数 164p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-778602-1
NCID BB05026567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21897269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想