私(わたし)の男

桜庭一樹 著

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった十歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から二人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私(わたし)の男
著作者等 桜庭 一樹
書名ヨミ ワタシ ノ オトコ
書名別名 私の男

Watashi no otoko
シリーズ名 文春文庫 さ50-1
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.4
ページ数 451p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-778401-0
NCID BB01786897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21750229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想