街場のアメリカ論

内田樹 著

私たちが「アメリカの圧倒的な力」と思いなしているものの一部は明らかに私たちが作り出した仮象である-誰ひとりアメリカ問題の専門家がいない大学院の演習での内田氏の講義と聴講生たちとの対話をベースに、日米関係、ファースト・フード、戦争経験、児童虐待、キリスト教などからアメリカを読み解く画期的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史学と系譜学-日米関係の話
  • ジャンクで何か問題でも?-ファースト・フード
  • 哀しみのスーパースター-アメリカン・コミック
  • 上が変でも大丈夫-アメリカの統治システム
  • 成功の蹉跌-戦争経験の話
  • 子供嫌いの文化-児童虐待の話
  • コピーキャッツ-シリアル・キラーの話
  • アメリカン・ボディ-アメリカ人の身体と性
  • 福音の呪い-キリスト教の話
  • メンバーズ・オンリー-社会関係資本の話
  • 涙の訴訟社会-裁判の話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 街場のアメリカ論
著作者等 内田 樹
書名ヨミ マチバ ノ アメリカ ロン
シリーズ名 文春文庫 う19-7
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.5
ページ数 286p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-777368-7
NCID BB02034988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21762116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想