父が消えた

尾辻克彦 著

表題作は、父の遺骨を納めるべく売り出された墓地を見に行く青年の奇妙な一日をポップ・アート風に描いて注目を浴びた第84回芥川賞受賞作。他にカメラ狂のフェティシズムを考察する「星に触わる」、晴れた日に雨樋を買うことこそラディカルだと思う男を描く「自宅の蠢き」など、初期の秀作五篇を収録した純文学短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父が消えた
著作者等 尾辻 克彦
書名ヨミ チチ ガ キエタ
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1986.8
ページ数 266p
大きさ 16cm
ISBN 4167430010
NCID BB24688376
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86051409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想