無憂華夫人

菊池寛 著

維新の変乱からの因縁で敵同士となってしまった侯爵家と伯爵家。侯爵の妹、名花中の名花と謳われる絢子姫と、伯爵の弟、青年外交官の康貞は、ともに惹かれ合うが、旧臣の反対にあい、破談。それでも愛し合う二人は一生結婚をしないと誓うが、運命は皮肉な結末を用意していた…。九条武子がモデルといわれる悲恋小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無憂華夫人
著作者等 菊池 寛
書名ヨミ ムユウゲ フジン
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.3
ページ数 226p
大きさ 16cm
ISBN 4167410060
NCID BA61350815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20369152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想