「悪魔祓い」の戦後史

稲垣武 著

過去に目を閉ざす者は現在にも目を閉ざす、という言葉が好きな進歩的文化人たち。だが、自らの「ソ連、中国、北朝鮮礼賛の過去の妄言」には知らん振りをする。本書は、彼らがなぜ「平気でうそをつく人々」となり、その虚言を反省しないのかといった歪んだ精神病理にまで焦点をあてて解明した名著である。山本七平賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ソ連」に憑かれた人々
  • 「シベリア抑留」擁護論の系譜
  • 「全面講和論」の魑魅魍魎
  • 60年安保への序曲
  • 「非武装中立」の妄想
  • 観念的平和論の末路
  • ソ連信仰の変容
  • 毛沢東の魔術
  • 文革礼讃の終焉
  • すばらしき北朝鮮〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「悪魔祓い」の戦後史
著作者等 稲垣 武
書名ヨミ アクマバライ ノ センゴシ : シンポテキ ブンカジン ノ ゲンロン ト セキニン
書名別名 進歩的文化人の言論と責任

Akumabarai no sengoshi
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 1997.8
ページ数 564p
大きさ 16cm
ISBN 4167365049
NCID BA33766473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98024126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想