大本営参謀の情報戦記

堀栄三 著

「太平洋各地での玉砕と敗戦の悲劇は、日本軍が事前の情報収集・解析を軽視したところに起因している」-太平洋戦中は大本営情報参謀として米軍の作戦を次々と予測的中させて名を馳せ、戦後は自衛隊統幕情報室長を務めたプロが、その稀有な体験を回顧し、情報に疎い日本の組織の"構造的欠陥"を剔抉する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 陸大の情報教育
  • 大本営情報部時代
  • 山下方面軍の情報参謀に
  • 再び大本営情報部へ
  • 戦後の自衛隊と情報
  • 情報こそ最高の"戦力"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大本営参謀の情報戦記
著作者等 堀 栄三
書名ヨミ ダイホンエイ サンボウ ノ ジョウホウ センキ
書名別名 情報なき国家の悲劇
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1996.5
ページ数 348p
大きさ 16cm
ISBN 4167274027
NCID BN15028574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96063022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想