太公望  中

宮城谷昌光 著

妻子を得て春陰にたたずむ望の胸中には、焦燥あるばかりであった。周公を中心に諸侯は策謀しつつある。しかし独り時代の先を視る望の苛烈な生は、人知れぬ哀しみにみちていた。ひとは己れを超えねばならぬ、あたかも小魚が虹桟を渡り竜と化するように。利に争うものは敗れ、怨みに争うものは勝つ、そしてそれを超えるとは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太公望
著作者等 宮城谷 昌光
書名ヨミ タイコウボウ
書名別名 Taikobo
シリーズ名 文春文庫
巻冊次
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.4
ページ数 497p
大きさ 16cm
ISBN 4167259117
NCID BA5166727X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20145085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想