豊臣秀長 : ある補佐役の生涯  上

堺屋太一 著

豊臣秀吉の三歳違いの弟・秀長は史上類を見ない膨張を続けるその組織のなかで、経歴からいっても実績からいっても、万人が認めるナンバー2でありながら、自らの働きを誇ることなく、常に脇役に徹したまれにみる有能な補佐役であった。激動の戦国時代にあって天下人にのし上がる秀吉を支えた男の生涯を描いた異色の歴史長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊臣秀長 : ある補佐役の生涯
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ トヨトミ ヒデナガ
書名別名 Toyotomi hidenaga
シリーズ名 文春文庫
巻冊次
出版元 文芸春秋
刊行年月 1993.4
ページ数 341p
大きさ 16cm
ISBN 4167193140
NCID BN11070568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93034919
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想