斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス : 外七篇

太宰治 著太宰治 著 ; 太宰治 著 ; 太宰治 著

没落貴族の家庭を背景に、滅びゆく高貴な美を描く『斜陽』。太宰文学の総決算ともいうべき、小説化された自画像『人間失格』。ふたりの若者の信頼と友情を力強く表現した『走れメロス』など、20世紀の日本が生んだ天才作家の名作11篇を収める。奥野健男氏のくわしい年譜、臼井吉見氏のこまやかな作品案内と作家評伝付き。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス : 外七篇
著作者等 太宰 治
書名ヨミ シャヨウ. ニンゲン シッカク. オウトウ. ハシレ メロス
書名別名 Shayo. Ningen shikkaku. Oto. Hashire merosu
シリーズ名 文春文庫
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.10
ページ数 558p
大きさ 16cm
ISBN 4167151111
NCID BA48783589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20101054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想