若きサムライのために

三島由紀夫 著

男の生活と肉体は、危機に向って絶えず振りしぼられた弓のように緊張していなければならない-。平和ボケと現状肯定に寝そべる世相を蔑し、ニセ文化人の「お茶漬ナショナリズム」を罵り、死を賭す覚悟なき学生運動に揺れる学園を「動物園」と皮肉る、挑発と警世の書。死の一年前に刊行された、次代への遺言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 若きサムライのための精神講話(若きサムライのために
  • 勇者とは
  • 作法とは
  • 肉体について ほか)
  • お茶漬ナショナリズム
  • 東大を動物園にしろ
  • 安保問題をどう考えたらよいか(猪木正道)
  • 負けるが勝ち(福田赳夫)
  • 文武両道と死の哲学(福田恒存)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若きサムライのために
著作者等 三島 由紀夫
書名ヨミ ワカキ サムライ ノ タメニ
書名別名 Wakaki samurai no tameni
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1996.11
ページ数 276p
大きさ 16cm
ISBN 4167124033
NCID BA30034683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97006694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想