お祈りメール来た、日本死ね

海老原嗣生 著

青田買いを目論む企業と、大量の不採用通知メールに悩む学生。長期化する就職活動…。この不協和音に現代のネット就活は解を出せるのか?精緻なデータ分析や欧米型システムとの比較を通して、雇用のカリスマが100年に及ぶ論争を鳥瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0章 就活って今、どうなってるの?何が問題なの?
  • 1章 100年論争を棚上げするための処方箋
  • 2章 やめられない止まらない日本型雇用
  • 3章 欧米型雇用の不都合な真実
  • 4章 進歩的提言の限界
  • 5章 日本型が変えねばならない本当の短所
  • 「働く」は、縦と横の比較の中で語ろう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お祈りメール来た、日本死ね
著作者等 海老原 嗣生
書名ヨミ オイノリ メール キタ ニホン シネ : ニホンガタ シンソツ イッカツ サイヨウ オ カンガエル
書名別名 「日本型新卒一括採用」を考える
シリーズ名 文春新書 1105
出版元 文芸春秋
刊行年月 2016.11
ページ数 255p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-661105-8
NCID BB22491166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22819832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想