Jポップの心象風景

烏賀陽弘道 著

CDが売れなくなったといわれて久しいが、いまも若者は最新のヒット曲を携帯電話の着メロにし、ライブを行えばスタジアムを満員にするアーティストも多い。なぜJポップは、これほどまでに日本人の心をとらえてやまないのか-Jポップを代表する八組のアーティストをとりあげ、その人気のありかたや歌詞に通底する文化的原型を、心理学、民俗学、神話学などの手法で分析、彼らに魅せられてしまう日本人の集合的無意識をも明らかにする画期的評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本的共同体とアメリカ-桑田佳祐(サザンオールスターズ)
  • 現代日本のシャーマン-松任谷由実
  • 成長なき時代の成長物語-GLAY
  • ロックによる救済-ザ・ブルーハーツ
  • 死を見つめて-草野マサムネ(スピッツ)
  • 「文明」と闘うサイボーグ女戦士-浜崎あゆみ
  • 娘による母親殺し-椎名林檎
  • 日本的「模倣文化」の象徴-B'z

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Jポップの心象風景
著作者等 ウガヤ ヒロミチ
烏賀陽 弘道
書名ヨミ Jポップ ノ シンショウ フウケイ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2005.3
ページ数 243p
大きさ 18cm
ISBN 4166604325
NCID BA71382771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20761876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想