花の男シーボルト

大場秀章 著

日本に近代医学を伝えた医学者としてのシーボルト。禁制の地図を持ち出そうとした、いわゆる「シーボルト事件」で永久国外追放処分を受けたシーボルト-。だが、植物学者としてのシーボルトを知らずして、その大きな実像は見えてこない。ユリ、ツバキからレンギョウまで数多くの日本植物を、植物相の低いヨーロッパに持ち帰り、それを広めた功績、先見性は、二十一世紀に入った今日、その輝きを増している。多面的に描く全く新しいシーボルト像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 特別な使命をおびた人物、シーボルト(オランダの消滅と復活
  • シーボルトの生い立ちを追う ほか)
  • 第2部 日本研究者としてのシーボルト(事前の勉強は役に立ったか
  • コレクションは科学に欠かせない ほか)
  • 第3部 シーボルトを魅了した日本の植物(帰国後のシーボルト
  • 『フロラ・ヤポニカ』の出版)
  • 第4部 知られざる園芸家としてのシーボルト(園芸の台頭
  • 日本の植物、海を渡る)
  • 第5部 シーボルトが導入した日本の植物(アジサイ
  • レンギョウ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花の男シーボルト
著作者等 大場 秀章
書名ヨミ ハナ ノ オトコ シーボルト
書名別名 Hana no otoko shiboruto
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2001.12
ページ数 198, 8p
大きさ 18cm
ISBN 4166602152
NCID BA54721382
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20228499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想