消された政治家菅原道真

平田耿二 著

「学問の神さま」菅原道真。最後は大宰府に流される悲劇の生涯はよく知られている。しかし、道真は偉大な文人であったばかりでなく、政治家、それも右大臣という要職にあったのだ。では政治家道真は何をしたのか、となるとほとんど知られていない。というよりその痕跡が消されている…。実は道真は、財政危機に悩む律令日本を変革しようと企てていた。左遷されたのも、死後、天神になったのも、それに由来する。まったく新しい視点の道真論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新しい道真論を
  • 第1章 前半生の素描-讃岐守として転出するまで
  • 第2章 地方官としてみた政治と社会
  • 第3章 政治家道真の登場
  • 第4章 王朝国家の構想固まる
  • 第5章 政界追放
  • 第6章 王朝国家の成立
  • 終章 道真、神となる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消された政治家菅原道真
著作者等 平田 耿二
書名ヨミ ケサレタ セイジカ スガワラ ノ ミチザネ
書名別名 Kesareta seijika sugawara no michizane
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.7
ページ数 246p
大きさ 18cm
ISBN 4166601156
NCID BA47853758
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想