薫香のカナピウム

上田早夕里 著

赤道直下の熱帯雨林、地上四十メートルの林冠部が"カナピウム"と名付けられた未来。豊かなる生態系を誇る樹上には、多彩な生物が集まっていた。一方で、彼方には銀糸のごとく煌く軌道が見え、森の住民には作れない先端テクノロジーも存在する…。SF巨編『華竜の宮』で人類滅亡の危機と闘いもがく人々を描き話題を呼んだ著者が、初めて紡ぐ、たおやかなる少女のビルドゥングスロマン。日本SF大賞受賞の実力派が未来を優しく見つめ描いた至高のファンタジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薫香のカナピウム
著作者等 上田 早夕里
書名ヨミ クンコウ ノ カナピウム
書名別名 Kunko no kanapiumu
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.2
ページ数 315p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-16-394206-3
NCID BB18417705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22526713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想