寄生虫なき病

モイセズ・ベラスケス=マノフ 著 ; 赤根洋子 訳

寄生虫、細菌、ウイルス。彼らを駆逐する公衆衛生の向上によって、確かに感染症は激減した。しかし、一部の科学者たちは、まるでそれと反比例するように新たな病が増えていることに気づいていた。花粉症、喘息、アレルギー、そして自己免疫疾患。これらの病は、果たして「寄生者不在」によるバランスの乱れが原因なのだろうか?自らも自己免疫疾患を患う著者は、あらゆるジャンルの膨大な研究とインタビューから、「寄生者不在の病」の全貌に迫ってゆく。そして、ついには自ら寄生虫を腸内に感染させる治療法に挑んだ。果たしてその結末は?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 寄生虫に感染しにゆく
  • 我々は「不潔なサル」である
  • 自己免疫疾患の島で何が起こったか
  • 寄生虫治療、最初の試み
  • 喘息が出現しはじめた理由
  • 我々が失ったのは寄生虫だけではない
  • 母体の環境が子どもの病を決める
  • 「悪玉」ピロリ菌は役に立っていた?
  • 「体内生態系」の混乱
  • 多発性硬化症から分かったウイルスの重要性
  • 自閉症も寄生者不在の疾病なのか?
  • ガン、うつ病、老化まで-文明病に潜む炎症
  • 鉤虫アンダーグラウンド-寄生虫に希望を求めて
  • 私の寄生虫療法体験記
  • 超個体の再生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 寄生虫なき病
著作者等 Velasquez-Manoff, Moises
福岡 伸一
赤根 洋子
Velasquez‐Manoff Moises
ベラスケス=マノフ モイセズ
書名ヨミ キセイチュウ ナキ ヤマイ
書名別名 AN EPIDEMIC OF ABSENCE
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.3
ページ数 463,44p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-390035-3
NCID BB15207218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22384918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想