パナソニック・ショック = Panasonic Shock

立石泰則 著

二期連続で七千億円もの赤字を計上した「パナソニック・ショック」。日本的経営の象徴であり、日本を代表するメーカーが凋落してしまったのはなぜなのか。それは創業者・松下幸之助に発する根源的問題と、度重なる経営者の失策、そして技術の流れを大きく見誤った戦略ミスにある。二十年以上にわたり取材を続けた著者による渾身のレポートである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私と松下幸之助
  • 第2章 幸之助と松下電器
  • 第3章 中興の祖山下俊彦
  • 第4章 戦略的な経営
  • 第5章 創業者なき経営
  • 第6章 破壊の時代
  • 第7章 パナソニック再建のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パナソニック・ショック = Panasonic Shock
著作者等 立石 泰則
書名ヨミ パナソニック ショック
書名別名 Panasonic Shock
出版元 文藝春秋
刊行年月 2013.2
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-375960-9
NCID BB12122243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22209295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想