西暦535年の大噴火 : 人類滅亡の危機をどう切り抜けたか

デイヴィッド・キーズ 著 ; 畔上司 著

西暦535年、史上空前の火山大爆発が起こった。その後1年以上も太陽が暗くなり、洪水・干ばつ・ペストが全大陸を覆い、無数の人々がなくなった…全世界の専門家50人以上が協力、4年がかりで書きあげた「人類史の書き換えを迫る」問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ペストの猛威
  • 第2章 蛮族の動勢
  • 第3章 東ローマ帝国の動揺
  • 第4章 イスラムの剣
  • 第5章 トルコ系諸族の動勢
  • 第6章 ヨーロッパ西部
  • 第7章 東洋の悲劇
  • 第8章 アメリカ大陸の変貌
  • 第9章 いったい何が起きたのか?
  • 第10章 人類の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西暦535年の大噴火 : 人類滅亡の危機をどう切り抜けたか
著作者等 Keys, David
畔上 司
Keys David.
キーズ デイヴィッド
書名ヨミ セイレキ 535ネン ノ ダイフンカ : ジンルイ メツボウ ノ キキ オ ドウ キリヌケタカ
書名別名 Catastrophe
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.2
ページ数 399p
大きさ 20cm
ISBN 4163558705
NCID BA46441540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20042193
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想