虐殺器官

伊藤計劃 著

9・11以降、激化の一途をたどる"テロとの戦い"は、サラエボが手製の核爆弾によって消滅した日を境に転機を迎えた。先進資本主義諸国は個人情報認証による厳格な管理体制を構築、社会からテロを一掃するが、いっぽう後進諸国では内戦や民族虐殺が凄まじい勢いで増加していた。その背後でつねに囁かれる謎の米国人ジョン・ポールの存在。アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊のクラヴィス・シェパード大尉は、チェコ、インド、アフリカの地に、その影を追うが…。はたしてジョン・ポールの目的とは?そして大量殺戮を引き起こす"虐殺の器官"とは?-小松左京賞最終候補の近未来軍事諜報SF。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虐殺器官
著作者等 伊藤 計劃
書名ヨミ ギャクサツ キカン
書名別名 Gyakusatsu kikan
シリーズ名 ハヤカワSFシリーズJコレクション
出版元 早川書房
刊行年月 2007.6
ページ数 282p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-15-208831-4
NCID BA83145489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21254342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想