永遠の森 : 博物館惑星

菅浩江 著

地球の衛星軌道上に浮かぶ巨大博物館-"アフロディーテ"。そこには、全世界のありとあらゆる美術品、動植物が収められている。音楽・舞台・文芸担当の"ミューズ"、絵画・工芸担当の"アテナ"、そして、動・植物担当の"デメテル"-女神の名を冠した各専門部署では、データベース・コンピュータに頭脳を直接接続させた学芸員たちが、収蔵品の分析鑑定・分類保存をとおして、"美"の追究に勤しんでいた。そんな部門間の調停をつかさどるのが、総合管轄部署の"アポロン"。日々搬入されてくる物品にからむ、さまざまな問題に対処するなかで、学芸員の田代孝弘は、芸術にかかわる人びとの想いに触れていく…。至高の美とはなにか。美しさを感じる人間の感情とは。-星雲賞受賞の俊英が叙情性ゆたかに描く、美をめぐる九つの物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠の森 : 博物館惑星
著作者等 菅 浩江
書名ヨミ エイエン ノ モリ : ハクブツカン ワクセイ
出版元 早川書房
刊行年月 2000.7
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 4152082917
NCID BA4847542X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
きらきら星 菅 浩江
この子はだあれ 菅 浩江
ラヴ・ソング 菅 浩江
享ける形の手 菅 浩江
嘘つきな人魚 菅 浩江
夏衣の雪 菅 浩江
天上の調べ聞きうる者 菅 浩江
抱擁 菅 浩江
永遠の森 菅 浩江
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想