セメント・ガーデン

イアン・マキューアン 著 ; 宮脇孝雄 訳

ぼくが14歳の夏、父さんが発作を起こして死んだ。そのとき家族に残されたのは父さんが買った大量のセメントだった。だからその翌年、今度は母さんが病気で死んでしまうと、ぼくは姉さんのジュリーといっしょにその死体をコンクリート詰めにして地下室に隠すことを思いついた。そうしないと、大人たちがやってきて姉さんとぼく、幼い弟や妹は離れ離れなってしまうから。こうしてぼくたち四人の子供だけの生活、やりたい放題の自由な毎日が始まった。ぼくは好きなだけマスターベーションにふけり、ジュリーはボーイフレンドと遊びまわり、妹は部屋に閉じこもったきり出てこない。が、やがて最高に思えた生活にも翳りが見えはじめる。そしてぼくとジュリーの関係にも大きな変化が…両親の死をきっかけに、思春期の少年が見出した楽園とその崩壊。現代英国文壇でもっとも注目を浴びる作家が、死体遺棄、近親相姦をテーマに放つ傑作長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 セメント・ガーデン
著作者等 McEwan, Ian
McEwan, Ian Russell
宮脇 孝雄
マキューアン イアン
書名ヨミ セメント ガーデン
書名別名 The cement garden

Semento gaden
シリーズ名 Hayakawa novels
出版元 早川書房
刊行年月 2000.3
ページ数 183p
大きさ 20cm
ISBN 4152082674
NCID BA47024174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20048381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想