ニワトリの歯 : 進化論の新地平  上

スティーヴン・ジェイ・グールド 著 ; 渡辺政隆, 三中信宏 訳

チョウチンアンコウの雄はなぜ雌のわずか10分の1の大きさしかないのか。6000万年前に失われたニワトリの歯がどうして再生できるのか。車輪を持つ生物がいないのはなぜか。ハイエナが雌雄同体であるというのは本当か?…進化学者グールドの綴る文章は、このように具体的な生物・事物にこだわる時が最もおもしろい。興味深い事例を満載して、専門家から一般読者までの幅広い支持を受ける好評科学エッセイシリーズ第3弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニワトリの歯 : 進化論の新地平
著作者等 Gould, Stephen Jay
三中 信宏
渡辺 政隆
グールド スティーヴン・ジェイ
書名ヨミ ニワトリ ノ ハ : シンカロン ノ シンチヘイ
書名別名 Hen's teeth and horse's toes
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : NF
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 1997.11
ページ数 310p
大きさ 16cm
ISBN 4150502196
NCID BA36391592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060135
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想