華竜の宮  上

上田早夕里 著

ホットプルームによる海底隆起で多くの陸地が水没した25世紀。人類は未曾有の危機を辛くも乗り越えた。陸上民は僅かな土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は"魚舟"と呼ばれる生物船を駆り生活する。青澄誠司は日本の外交官として様々な組織と共存のため交渉を重ねてきたが、この星が近い将来再度もたらす過酷な試練は、彼の理念とあらゆる生命の運命を根底から脅かす-。日本SF大賞受賞作、堂々文庫化。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 華竜の宮
著作者等 上田 早夕里
書名ヨミ カリュウ ノ ミヤ
書名別名 Karyu no miya
シリーズ名 ハヤカワ文庫 JA 1085
巻冊次
出版元 早川書房
刊行年月 2012.11
ページ数 398p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-031085-1
全国書誌番号
22169120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想