The Indifference Engine

伊藤計劃 著

ぼくは、ぼく自身の戦争をどう終わらせたらいいのだろう-戦争が残した傷跡から回復できないアフリカの少年兵の姿を生々しく描き出した表題作をはじめ、盟友である芥川賞作家・円城塔が書き継ぐことを公表した『屍者の帝国』の冒頭部分、影響を受けた小島秀夫監督にオマージュを捧げた2短篇、そして漫画や、円城塔と合作した「解説」にいたるまで、ゼロ年代最高の作家が短い活動期間に遺したフィクションを集成。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 The Indifference Engine
著作者等 伊藤 計劃
書名ヨミ Indifference Engine
書名別名 Indifference Engine
シリーズ名 ハヤカワ文庫 JA1060
出版元 早川書房
刊行年月 2012.3
ページ数 303p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-031060-8
NCID BB0905532X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22060802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想