死の泉

皆川博子 著

第二次大戦下のドイツ。私生児をみごもりナチの施設「レーベンスボルン」の産院に身をおくマルガレーテは、不老不死を研究し芸術を偏愛する医師クラウスの求婚を承諾した。が、激化する戦火のなか、次第に狂気をおびていくクラウスの言動に怯えながら、やがて、この世の地獄を見ることに…。双頭の去勢歌手、古城に眠る名画、人体実験など、さまざまな題材が織りなす美と悪と愛の黙示録。吉川英治文学賞受賞の奇跡の大作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の泉
著作者等 皆川 博子
書名ヨミ シ ノ イズミ
書名別名 Shi no izumi
シリーズ名 ハヤカワ文庫 : JA
出版元 早川書房
刊行年月 2001.4
版表示 2刷
ページ数 659p
大きさ 16cm
ISBN 4150306621
NCID BA7564681X
BB16504387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20145082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想