痴漢冤罪の恐怖 「疑わしきは有罪」なのか?

井上薫 著

「この人、痴漢です」。たとえそれが身に覚えのない濡れ衣であっても、そう指差された瞬間、あなたの人生は大きく狂い始める…。元裁判官である著者が、男性であれば誰もが被害者になりうる痴漢冤罪に焦点を当て、冤罪を生み出す仕組み、警察・検察・裁判所という日本の司法システムが抱える数々の問題点を、白日の下に晒し出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 男なら誰でもありうる
  • 第2章 この人、痴漢です!
  • 第3章 そろそろ本当のことを言ったらどうだ!
  • 第4章 可憐な少女の証言は信用できる
  • 第5章 痴漢冤罪で失うもの
  • 第6章 裁判所の内幕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痴漢冤罪の恐怖 「疑わしきは有罪」なのか?
著作者等 井上 薫
書名ヨミ チカン エンザイ ノ キョウフ ウタガワシキ ワ ユウザイ ナノカ
シリーズ名 生活人新書 268
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2008.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-088268-9
NCID BA87549967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21502506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想