フリー

クリス・アンダーソン 著 ; 小林弘人 監修・解説 ; 高橋則明 訳

なぜ一番人気のコンテンツを有料にしてはいけないのか?なぜビット経済では95%をタダにしてもビジネスが可能なのか?デジタルテクノロジーがあらゆるモノやビジネスを"限界費用ゼロ"にする、経済の大変革を喝破した世界的ベストセラーが読みやすく新書サイズで登場!巻末付録・無料のルール〜潤沢さに根ざした思考法の10原則、フリーミアムの戦術、フリーを利用した50のビジネスモデル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • フリーの誕生
  • 無料とは何か?(「フリー」入門-非常に誤解されている言葉の早わかり講座
  • フリーの歴史-ゼロ、ランチ、資本主義の敵
  • フリーの心理学-気分はいいけど、よすぎないか?)
  • デジタル世界のフリー(安すぎて気にならない-ウェブの教訓=毎年価格が半分になるものは、かならず無料になる
  • 「情報はフリーになりたがる」-デジタル時代を定義づけた言葉の歴史
  • フリーと競争する-その方法を学ぶのにマイクロソフトは数十年かかったのに、ヤフーは数カ月ですんだ ほか)
  • 無料経済とフリーの世界(ゼロの経済学-一世紀前に一蹴された理論がデジタル経済の法則になったわけ
  • 非貨幣経済-金銭が支配しない場所では、何が支配するのか
  • (ときには)ムダもいい-潤沢さの持つ可能性をとことんまで追究するためには、コントロールしないことだ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フリー
著作者等 Anderson, Chris
小林 弘人
高橋 則明
アンダーソン クリス
書名ヨミ フリー : ムリョウ カラ オカネ オ ウミダス シンセンリャク
書名別名 FREE

〈無料〉からお金を生みだす新戦略
出版元 NHK
刊行年月 2016.4
版表示 ペーパーバック版
ページ数 429p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-14-081698-1
NCID BB22315695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22724552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想