なぜ子どもに英語なのか : バイリンガルのすすめ

唐須教光 著

小学校への英語教育の導入が関心を集めているが、子どものころから英語を学ぶ利点とは何だろうか。英語と日本語を同じように身につけることはできるのだろうか。バイリンガルの言語世界とは、いったいどのようなものなのか。自身三人の子どもをバイリンガルに育てた言語人類学者が、どうしたらバイリンガルになれるのか、二つの言語を学ぶと混乱しないのかなど、さまざまな疑問に答えつつ、日本人がバイリンガルになることの意味を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 バイリンガルとは何か
  • 第1章 小学校への英語教育の導入
  • 第2章 バイリンガルとはどのような人か
  • 第3章 バイリンガルの言語行動
  • 第4章 バイリンガルと知能
  • 第5章 バイリンガルの心
  • 第6章 第二言語はどのように習得されるか?
  • 第7章 バイリンガルの人々
  • 第8章 世界のバイリンガリズム
  • 終章 これからのバイリンガル教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ子どもに英語なのか : バイリンガルのすすめ
著作者等 唐須 教光
書名ヨミ ナゼ コドモ ニ エイゴ ナノカ : バイリンガル ノ ススメ
書名別名 Naze kodomo ni eigo nanoka
シリーズ名 NHKブックス 956
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.12
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4140019565
NCID BA60179040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20364778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想