二重言語国家・日本

石川九楊 著

日本語は、語彙的に中国の漢語と孤島の和語に分裂し、構造的には漢語の詞を和語のテニヲハが支える二重言語である。また、音楽を発達させた西洋の声中心言語に対し、日本語は、漢字という表意「文字を聞く」書字=文字中心言語。この文字中心言語から盆栽など線の文化が、二重言語からは、日本人のもたれ合いの精神構造などが再生産されてくる-肉筆の現場で思索する鬼才が、思想の核ぬき漢語依存という日本語の特質と構造から日本文化の特異性を鮮やかに解明し、日本人であることの異和、その根元に迫って展望を探る力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本語は特異か(日本語は特異ではない
  • 日本語は特異である)
  • 第2章 日本語は書字中心言語である(書字中心言語とは何か
  • 書字中心言語はいかに生れたか
  • 書字中心言語の文化の特質)
  • 第3章 日本語は二重言語である(二重複線言語とは何か
  • 二重複線言語形成史
  • 二重複線言語の文化
  • 二重複線言語の美学)
  • 第4章 書字中心・二重言語の現在と未来(二重複線言語の近代・現代
  • 二重複線言語の現在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二重言語国家・日本
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ニジュウ ゲンゴ コッカ ニホン
書名別名 Niju gengo kokka nihon
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1999.5
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4140018593
NCID BA41401957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20032950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想